和食を習ってより料理が上手く!直ぐに実践できる豆知識

和食を習ってより料理が上手く!直ぐに実践できる豆知識

普段から一家へ御飯も用意していても、だいたい我流のやり方はあっているものだろうか?と不安になってしまうのは意外と珍しくありません。今さら他人には気恥かしくて聞けないし…その様な基礎的な知識の要点を改めて仕入れてみては如何でしょう。菜の花を始め、お浸しを作る際に素材と和える混合調味料のことはひたし地と呼びます。これは各々の家庭によって入る材料と配合に相違があるものですので、好みな風味を確立した方が良いでしょう。素材についてはボイルした後入念に水気を落とす様に心掛けます。浅づけは塩分の密度差が作用して食材の含有する水が抜ける為、かなりの野菜を一回で摂ることもできます。要は、それだけ緑黄色野菜に含まれる繊維とビタミンを取り込む事が出来ると言う訳です。塩分の摂りすぎには注意しながら、普段から食べましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする