和食を習ってさらに調理が上手くなれる!すぐに使えるエッセンス

和食を習ってさらに調理が上手くなれる!すぐに使えるエッセンス

浸しものの料理手順は好き好きでしょうが、基本的なメソッドも学んだ方が良いでしょう。みりんと出汁、さらにしょう油を混ぜた材料に浸けて食べるのが正統な作り方と言われますが、他にシンプルにしょうゆで味付けするだけのバージョンというのもポピュラーです。おみおつけの風味はだし汁が決め手等とされる通り、自分で煮出しただし汁を用いて調理すれば既製品と大きく異なるのは明白な筈なのです。かつおぶし・コンブなど天然素材の出汁を沢山活用してみれば、独特の家庭の味を生みだせます。ひたしものにする定番の素材を挙げるとホウレンソウ・茄子などですが、思わぬ食材がマッチすることもあるのです。具体的にはクレソンあるいはアスパラガス、ジャガイモ等もぴったりな素材なので、ごはんのバリエーションを増やすのに有効なジャンルではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする